岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

青森県TOP

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚

青森県 八甲田山 駒込川の岩魚と山女魚

八甲田山周辺の渓流  駒込川小川 大坪川 二戸ノ 瀬川 小坪川 市ノ渡川 中野 川・南斗内川 作田川 高瀬川 道地川 と大林川

駒込川小川 

入渓情報

八甲田の主峰”大岳”(1585)を源流とした渓流は多くはない。左図には記載がないが、谷地温泉近くの小さな渓流はあるが通年全面禁漁

酸ヶ湯・新湯のある渓流は水質が酸性で本流は渓流魚は生息しない。

八甲田ロープウェイの寒水沢は駆け上がりがきつくて入渓は困難、したがって駒込川と小川しか入渓可能な渓流はない。

しかし余談だが、温泉は豊富である。私の一番の”お気に入りは”谷地温泉、低料金で泉質が渓流釣りの疲れをとってくれる泉質?

このPageのTopに戻る

駒込川は、入渓口からの流域から、八甲田山の雄大な草原を右に左蛇行しながら流れる。この川は、草原の溝といった感じで、溝を水が流れている感じである。

入渓口からしばらで小川と分岐するが小川も岩魚である。

このPageのTopに戻る

小川の続きはここ

左図は田代牧場とあるが牧場特有の有刺鉄線もなく、県道40号線にはキャンプもできる炊事場まである。

県道40号線より簡単に入渓できる川である。川幅は3b前後の田舎のどこにでもある小川である。

駒込川はこの地図の源流から入渓口まで12.6qである。

又この辺りの駒込川は石がない。左右の草と小さな木々で両岸がおおわれていろが、しばらく進んで駆け上がりになると、石の渓流が現れるが、あくまでも小渓流である。

このPageのTopに戻る

県道40号線が渡る駒込川と違って、この川は本来の石が構成それている幅7b前後の渓流と言われる渓相を成している。私が訪れた日に、小川に架かる橋のたもとから、40歳前後の女性が下流に向けて竿 をだしていた。八戸から来たとのことで、旦那は家で留守番、一人で来たとの話、一時間近く缶ビールを片手に渓流談義をした懐かしさをふと思い出した。

赤丸の点線の位置から、地図には記載

小川

されていないが、川沿いに走っている道がある。この道がどの辺りので延びているのかは不明であるが、私の入渓はこの道をしばらく下った辺りからの入渓である。時間は10時頃、水量は少なくピーカン(晴天)にもかかわらず、投入一発で20センチの岩魚であった。それから約二時間、橋の下に姿は見えねど竿だけが見え、岩魚が空中に舞い上がる光景を目にした。それが先の橋のたもとから竿を出していた女性であった。          このPageのTopに戻る