岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

青森県TOP

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚

青森県 下北半島 うぐい滝川の岩魚と山女魚

下北半島TOP うぐい滝川  湯ノ股川 大畑川 三太郎川 囲沢 重兵衛沢 と階子川 上狄沢 仁部沢

 太兵衛沢 と右衛問四郎川  弥一朗沢 上近藤沢 と下近藤沢 大西股沢と小西股沢

うぐい滝川入渓口

入渓情報

古い話で恐縮ですが、下北半島トップページに記載しましたが、今から約50年前、左図薬研温泉の部屋から見る大畑川の流れは、うぐいが群れをなしていた。

 

大畑川の河口から「うぐい滝川」の地点まで約1qの距離、この薬研温泉付近は山女魚はいない。文字通り「うぐい」である。

 

うぐい滝川は、大畑川合流地点までは全長7.3qある。

川の名称が「うぐい」とつくぐらいであるから、全流域に「うぐい」が生息する。私の入渓時には上流域では一部「山女魚」のあたりがあったが、おおむねうぐいである。

山女魚を狙うならもっと大畑川の上流域へ。

 

うぐいの餌釣りの方法は詳しくないが、キジ(みみず)なら釣れる。

川虫は食わない


別  名ハヤ、アカハラ
全  長:30cm。
学  名:Leuciscus(Tribolodon)hakonensis



生息域:ほぼ日本全国産卵期:春から初夏にかけて河川の上流域から下流域、湖沼と非常に広い範囲に住む。また、一部のものは降海するが、ヤマメなどと同じく、北に行くほどその比率が増す。産卵は春から初夏にかけてである。地方名でアカハラと呼ぶ所があるように、産卵期は雌雄ともに体側に3本の鮮やかな赤色の縦条が入る。産卵場所は毎年ほぼ決まっていて、大河川などでは産卵初期は大きい降海個体が行い、徐々に小さくなり最後に淡水個体が行うことが多い。
水戸では、多くの場所で確認されているが数は少ないようだ。 

このPageのTopに戻る