I Love東北

 

岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

青森県TOP

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚

青森県 十和田湖周辺 大小川沢の岩魚と山女魚

十和田湖周辺TOP 津刈川 大落前川 切明川 毛沢 温川沢 滝ノ沢・鍋倉沢・二ノ沢 滝ノ股川 甚石エ問沢寒川

 青荷川 大小川沢  奥入瀬渓流 城ケ倉渓谷 黄瀬川 橇ケ瀬沢 幌内川・小幌内川 ソスペ川 惣辺川 宇樽部川 

大小川沢

入渓情報

大小川沢の源流は、左図「櫛ケ峯」

(1517)である。

中野川の源流で、中野川は浅瀬石川に合流して、その下流は岩木山を源流とした川を合流して、名称を岩木川と変えて五所川原をへて津軽半島の十三湖に流れる。

上図は入渓林道の拡大図である。

中野川合流地点から源流までの流域は約13qある。

この大小川沢の林道は、林道としては、道路幅3.5b〜5.5bもあるので立派な?林道だと言えるが、沢を遠く離れて走っている。

本流中野川出合すらの入渓は問題はないと思うが、途中からの入渓地点探しは困難が予想される。まして朝一の途中から入渓地点探しは無理である。

昼間の時間で、入渓地点探しをお勧めする。必ず沢への下降ルートがあるはずである。

左図は縮尺の関係で左右両岸が迫っているように見えるが、問題なく竿が出せる状態である。

上図の拡大図で川幅の計測をすると10b〜30bある。

しかも堰堤が無い。

入渓地点探しには問題があるが、お勧めの沢である。

初めて入渓す基本。

まず川虫の有無を確認。川虫のいない沢は、99.99%の確率で渓流魚は生息しない。

逆も真なり。川虫がいる川は、渓流魚は100%の確率で生息する。

 

このPageのTopに戻る