岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

青森県TOP

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚

2万5千分の一の地図の見方 計曲線50m 主曲線10m 第一次補助曲線 5m  第二次補助曲線 2.5m 

地図記号はこちら  等高線の読み方はこちら  地図から渓を読むの具体例はこちら

青森県 津軽地方 大童子川の岩魚と山女魚

津軽地方全図   吾妻川 追良瀬川 小童子川 大童子川   赤石川   中村川

大童子川

入渓情報

入渓地点は小童子川に入渓地点より国道101号線を1.3q北上した位置である。源流より河口までの流域はおよそ14q。

しかしこの川は、河口口より上流約6q地点まで護岸工事が施されている。

左図川の記載が、護岸工事が施されている川の記載である。

私の経験では、下流域で護岸の川は鮎以外の渓流魚の生息はないと言う体験である。

強いて言えばハヤ科のうぐい程度である。

従って護岸の記載がある流域はこのPageからは除いて、渓流魚対象の地点から地図の掲載をする。

途中省略

このPageのTopに戻る

左図この地点まで護岸された流域が続いている。

上流域へ進むにはの部分で道を間違いやすいので注意が必要である。

林道は地図を見て目的の方向に向かって走るのが鉄則。方向が右に左に左右していて感にたよっているととんでもない地点に到達する。

地図を見てそれを信じて走ること。

堰堤があるが、三つの堰堤をやり過ごしてから入渓する。

入渓する地点から源流までは約5q。その間堰堤はない。

このPageのTopに戻る

左図の部分の拡大図である。

両岸が迫っている部分を146メートルある。恐らく泳ぎを強いられる淵は覚悟していた方がよさそう。

中央の部分は滝のマークがないものの、巨岩が行くてを遮っている。

その後は源流まで問題はない。

このPageのTopに戻る