I Love東北

 

岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

   岩手県

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚
I Love東北 TOP 青森県の観光 秋田県の観光 岩手県の観光 山形県の観光 宮城県の観光 福島県の観光

2万5千分の一の地図の見方 計曲線50m 主曲線10m 第一次補助曲線 5m  第二次補助曲線 2.5m 

地図記号はこちら  等高線の読み方はこちら  地図から渓を読むの具体例はこちら

岩手県 和賀川水系 下前川の岩魚と山女魚

和賀川 水系  四枚平山周辺の渓流 県道37号線周辺の渓流 豊沢ダム周辺の渓流 岩手県TOP

和賀川水系 和賀川 湯ノ沢  松川 和佐内川・七内川 高下川  大荒沢川 本内川 志戸前川 桐沢 下前川  BACK    西和賀町の観光

下前川入口

県道1号線より清水ケ野集落の三叉路か神社のある三叉路を目安に入る。

下前川下流域

下図堰堤ダム下流域は対象外、釣り場としてはダム以降の上流域であるが、地図でご覧のように竿は振りやすい。しかしダム以降の流域ではしばらくは山女魚であった。岩魚は下図以降になる。

下前川上流域

入渓情報

左図枝沢の出合いからは岩魚になった。入渓したのは午前10時頃、朝一での入渓ではなく朝二の入渓である。
川幅は三bから四bほどでブッシュもなく釣りやすい。
左図滝に出合ったのが2時頃であったと記憶している。現在Home Pageを書くと当時からわかっていたらちゃんとした記録を残していたものの、当時はシャッターを押してリバーサルフイルムに残したままで整理もしていない。しかし、この時の滝の写真は強烈に記憶に残っている。
本来「白糸の滝」と言う名称だから水流が糸状になって落下しているのだと思うが、水量が少なく写真のような状況であった。
私としては、何が強烈に刺激的であったかと言うと、流木が落下する水によって削られて丸みを帯び、それはあたかも男性の逞しい男根と思えたからである。
滝全体を女性の膣と考え、流木を逞しい男根と考えるとき、象徴的に生命の尊厳と命を育む原点の精液と卵子を意識した。この写真の光景は勿論偶然であるが、後に「渓流の夢尚子」(渓流に育む愛と死のサスペンス、1000部自費出版)のきっかけになった写真の1枚です。

余談になりましたが、この「白糸の滝」に到達したときは、子供達の賑やかな声が聞こえ、滝上に上がると、近くの小学生の子供達の遠足でした。美人の先生と子度達とで一緒に下山した記憶があります。