岩魚と山女魚が釣れるHome Page

秋田県TOP

HOME

岩魚の世界 TOP 青森県の岩魚 秋田県の岩魚 岩手県の岩魚 山形県の岩魚 宮城県の岩魚 福島県の岩魚

秋田県・雄物川・淀川の岩魚と山女魚が釣れる渓流のご紹介

雄物川TOP

雄物川水系全支流のLINK

1.旭川   2.太平川   3.岩見川・三内川  4.淀川   5.玉川水系  6.横手川  7.西馬音内川

8.皆瀬川  9.成瀬川  10.戸沢川  11.高松川  12.役内川  13.雄物川源流

淀川全体図

淀川の渓流魚の沢は、比較的海抜の低い山々が源流になっている。したがって山女魚の可能性が多いと見ているが、夏季渇水期で水温が15℃以下だと、岩魚の可能性もある。私が入渓当時は放流も無かったが現在は放流の可能性もある。詳細は漁協に問い合わせ願いたい。入渓路は、高速秋田道協和IC、国道13号線で点線の県道46号線と28号線にそれぞれ進む。渓流の詳細地図は、@ABCDのそれぞれの地点から紹介する。

@オソ沢  A荒木沢・大倉沢  滝ノ沢 B宮田又 沢川  C荒川・日影川  D奥山川  

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

@オソ沢の岩魚とヤマメ 

@オソ沢の紹介は、淀川の支流で車両通行可の林道が走り、別にこれと言った特徴のない小渓ではあるが、岩見川支流、大又川、その支流の小又川への近道がある。下図「遅沢トンネル」の道がこの淀川と岩見川をつないでいる。道路地図ではこの道は解らない。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

A荒木沢と大倉沢の岩魚とヤマメ

ダム下流域は冬期の水量が少ないと全面凍結すれば渓流魚の生息は無い。ダム下流域の見極めは、ヘドロと水量と落葉である。概して経験上ではダムの下流域ての良いイメージが無いが、その見極めが大事である。

この地図の続きは下図を参照。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

 A荒木沢・大倉沢の岩魚とヤマメ

すべての沢沿いに林道の走りを見るが堰堤はない。等高線の数字を見ても源流の数字は小さい。渇水期には水量が懸念される源流域でもある。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

滝ノ沢の岩魚とヤマメ

B富田又川の側の沢である。富田又沢川の地図を確認する際に見つけたので掲載した。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

B宮田又沢川の岩魚とヤマメ

下段より参照して頂きたい。立派な林道が全流域に走っていることが気になるが、堰堤皆無の沢である。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

C荒川・日影川の岩魚とヤマメ

下段より参照頂きたい。めずらしく堰堤が一カ所ある。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)

 D奥山川の岩魚とヤマメ

奥山溜池からの上流も、稲田は無いが本流は川幅も広く全流域に林道の走りを見る。

(元に戻る)  (このPAGEのTOP)