I Love東北

岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

岩魚のTOP 青森県の岩魚 秋田県の岩魚 岩手県の岩魚 山形県の岩魚 宮城県の岩魚 福島県の岩魚
東北の観光 青森県の観光 秋田県の観光 岩手県の観光 山形県の観光 宮城県の観光 福島県の観光

秋田県玉川水系生保内川の岩魚と山女魚の釣れる渓流

2万5千分の一の地図の見方 計曲線50m 主曲線10m 第一次補助曲線 5m  第二次補助曲線 2.5m 

地図記号はこちら  等高線の読み方はこちら  地図から渓を読むの具体例はこちら

生保内川  生保内川本流 シトナイ沢   堀内沢  BACK 抱き返り渓谷

生保内川上流域

入渓情報

シトナイ沢出合いをやりすごすと、田沢湖線鉄橋の下をくぐり入渓する。
しばらくは砂場で川幅は広く竿は6メートル、道糸も長く、思う存分竿を振れたが当たりは全くなかった。
(しかし余談だが、再度この渓に入った時は、雨で増水、大黒沢の出合いまでで断念したが、尺を2本あげた。
条件がそろえば岩魚(イワナ)が上がる。)

大黒沢出合いから極端に川幅は狭くなるが、砂地である。
しかし砂地であるがために増水時に上流に進めない。
左図(1/25000)クリックして参照願いたい。
狭い川幅を抜けると堰堤がある。
堰堤をこえると広々とした川幅であるが、全体的この沢は、砂地で構成されているので、岩石の落ち込み等、いわゆる流れのポイントが少ない。
したがって早朝は浅瀬のに出ているので、その浅瀬がポイントである。
しかも砂地である。砂を踏みしめるきしむ音に足音に要注意!
私が入渓したのは二叉の海抜412の記号がある地点まてである。それ以降、オソダテ沢も対象だが実績はない。
(このPageのTOPに戻る)