I Love東北

 

岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

山形県TOP

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚
I Love東北 TOP 青森県の観光 秋田県の観光 岩手県の観光 山形県の観光 宮城県の観光 福島県の観光

2万5千分の一の地図の見方 計曲線50m 主曲線10m 第一次補助曲線 5m  第二次補助曲線 2.5m 

地図記号はこちら  等高線の読み方はこちら  地図から渓を読むの具体例はこちら

山形県 置賜郡 米沢周辺の岩魚と山女魚が釣れる渓流のご紹介

 @下ノ谷沢・蛭沢・北沢  A天王川  置賜郡へ戻る

置賜郡・米沢周辺の岩魚とヤマメ

入渓情報

A天王川

@下ノ谷沢・蛭沢・ 

  北沢

国道13号線の福島から米沢に向かう左図米沢スキー場を少し過ぎた位置に水窪ダムと天王川の入渓路がある。

@の下ノ谷沢は下図参照、Aの天王川は下図のここ

@下ノ谷沢・蛭沢・北沢

入渓情報

この下ノ谷沢と蛭沢と北沢の全体図である。この地図の表示は5万分の1でInternet上では表示されますが、それをコピーして切り取っていますので、さらに縮小した表示となっている。

実際のnet上での確認は地図ロゴをクリック。

 

左図は、上図@の位置の拡大地図である。

この地図を眺めると下の谷沢も蛭沢と北沢へ進む林道が見当たらない。

本流沿いに温泉の記号があるが、地図上にはその道の記載はない。

順を追って紹介する。

 

 

 

 

源流から本流合流までは約2.7Km。

本流沿いに温泉の記号、温泉行く道を探すことでこの沢にも入渓可能。

本流を渡って入渓も検討。しかし水量にもよる。

 

特異な沢の名称はその沢の状態を表している。硫黄沢は水質は硫黄の性質、赤沢は鉄分が多いい水質、蛭沢は山蛭が多い沢かもしれない。山蛭は人の体温で木の葉から落下、痛みがないから気がつかない。要注意!

この沢に入渓するには、合流地点が崖で川を渡っては不可能。

崖の切れている地点で川を渡るしかないが、林道が無い沢は魚影は濃いい。日中入渓ロートを探索して朝一に入ることをお勧め。本流合流地点より源流域まで約3.0Km。

下ノ谷沢の岩魚とヤマメ

蛭沢と北沢の岩魚とヤマメ

A天王沢の岩魚とヤマメ

入渓情報

左図Aの位置は下図Aの位置と同じ位置を示し、Bの位置は下図Bの地図を示す。

 

左図Aの位置は下図拡大図を示す。

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

天王川の入渓路

天王沢の岩魚とヤマメ

入渓情報

上図B地点から見た渓の全体図である。

B地点までは自動車が通行可能な林道があるが、B地点以降の林道は点線である。

恐らく徒歩での林道であろう。

左図の拡大は地図ロゴをクリックして参照して頂きたい。

 

(このPAGEのTOP)