I Love東北

 

岩魚と山女魚が釣れるHome Page

 

 山形県TOP

 

 

HOME

 

  

岩魚の世界 TOP

青森県の岩魚

秋田県の岩魚

岩手県の岩魚

山形県の岩魚

宮城県の岩魚 福島県の岩魚
I Love東北 TOP 青森県の観光 秋田県の観光 岩手県の観光 山形県の観光 宮城県の観光 福島県の観光

2万5千分の一の地図の見方 計曲線50m 主曲線10m 第一次補助曲線 5m  第二次補助曲線 2.5m 

地図記号はこちら  等高線の読み方はこちら  地図から渓を読むの具体例はこちら

山形県 蔵王馬見ケ崎川の岩魚と山女魚が釣れる渓流のご紹介

1.高沢 2.高瀬川 3.滑川 4.不動沢 5.葉 ノ木沢 6.八方沢  蔵王TOP

入渓情報

 

 

 

 

 

 

 

左図の入渓路は、東北道村山JCより山形道に入り、山形蔵王ICで下りる。この間の距離は約50Km。

所用時間ほぼ40分。

山形蔵王ICで下り国道286号線を戻り、訪原にて、高瀬川と馬見ケ崎川とに分かれる。

分かれる地点の拡大図き下図

 

 

(このPAGEのTOP)

高瀬川と馬見ケ崎川の進入路拡大図  5.葉ノ木沢  6.八方沢の地図へ

(このPAGEのTOP)

1.高沢 2.高瀬川 の岩魚とヤマメ

下図の平石水集落で、高瀬川と名称不詳の川と、高沢集落への沢が三本分離している。高沢集落の沢は、稲田の中にあって、稲田に水を供給する水源の役を果たしているらしい。狭い沢と推定されるが、こんな沢にも魚が生息している可能生しある。名称不詳の沢と高瀬川は山を隔ててほぼ平行に走っているが、車両通行可能な林道が源流まで併走している。但し下流域は稲田の中を流れるも、堰堤は高瀬川源流域の一カ所である。

(このPAGEのTOP)

5.葉ノ木沢  5-1滑川 6.八方沢の岩魚とヤマメ

この地図は、上図高瀬川の源流から表示してある。高瀬川源流→関沢集落の渓流→滑川→蔵王ダム→葉木沢・八方沢と表示している。 関沢は集落の地名であるが、沢の名称の表示はない。滑川の入渓路はここ

葉ノ木沢はダムからの登山道が本流を跨ぐが、沢に沿った林道の掲載はない。しかし、上流域には堰堤が連立している。堰堤のある地点は必ず堰堤工事の為流林道がある。廃道は地図の記載はない、葉ノ木沢入渓にはその廃道を探して入渓すべきである。八方沢のダムサイトの林道の行き止まり地点から。下降地点の拡大図はここ。入渓に際しては、地図ロゴをクリックしてご覧頂きたい。完全装備で入渓を。

滑川の入渓路 (滑川の地図へ)

国道286号線新山集落よりこの赤丸点線の地点より入渓路がある。

夜間は、曲がる地点の目印がないらうっかりすると見落とす。

目安は国道286号が滑川に架かる橋である。

(元へ戻る)

(このPAGEのTOP)

八方沢の入渓路

八方沢の入渓は、ダム

より車両通行可の林道

が○地点まで来ている

が、行き止まりなって

いる。恐らく八方沢に

下降する人の踏み後

道はあると思われる。

地図の計測 では、林

道の切れた地点での

直線の下降は500m。

人の踏み後道は必ず

あると思うが、急斜面を

蛇行して降りることが

予測される。

(元へ戻る)

(このPAGEのTOP)

 

4.不動沢

不動沢の入渓は、下図蔵王ダム下流の馬見ケ川沿いの道路から右折して進む。右折する目印はダム進行方向二軒の家である。おそらく道路表示がされていると思う。しかしこの沢は、地図でご覧のように源流の山はスキー場で、堰堤も連立している。このような形態の沢は、釣り場としては誰しも敬遠する沢であるが、その逆ももしかしたらあり得る。

(このPAGEのTOP)

1.高沢 2.高瀬川 3.滑川 4.不動沢 5.葉 ノ木沢 6.八方沢  蔵王TOP  山形県TOP HOME