渓流 岩魚 山女魚・岩魚と山女魚が釣れるHome Page

秋田県雄物川支流桧木内川の岩魚と山女魚

使用地図のWeb 青森県の岩魚と山女魚 秋田県の岩魚と山女魚 岩手県の岩魚と山女魚 山形県の岩魚と山女魚 宮城県の岩魚と山女魚
電子国土ポータル 福島県の岩魚と山女魚 新潟県の岩魚と山女魚 利根川の岩魚と山女魚 富山県の岩魚と山女魚 米代川の岩魚と山女魚
国土地理院We New秋田県TOP 旧秋田県TOP 雄物川TOP HOME LINKのお願い

5・桧木内川AREA  (LINK元に戻る)

入渓情報

52・桧木内川源流

51・桧木内又沢

50・大沢

49・比内沢

48・浦子内沢

47・堀内沢

46・小波内沢

45・相沢

44・相内沢

----------------
米代川・阿仁川・源流
------------------

8・宝仙湖AREA

7・先達川AREA

40・潟尻川と田沢湖

41・二瀬沢

39・大石沢

38・西ノ又沢

36・山谷川

34・外日三市川

35・日三市川

 

(このPAGEのTOP)

33・斉内川

 34・外日三市川 35・日三市川の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 33・斉内川の地図 (LINK元に戻る

入渓情報

33・斉内川

 真木渓谷

 33・1・小淵内沢

 33・2・七瀬沢

 33・3・袖川沢

 33・4・斉内川源流

 33・5・小滝川

33・1・小淵内沢  33・2・七瀬沢 の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 33・3・袖川沢の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

この袖川沢は、下図斉内川本流の出合いから源流までは、約8qある。

地図上の計測であるが、左図でご覧のように林道はない。

入渓の記憶は数十年前で定かではないが、下図254の数字の上に堰堤がある。

堰堤までは問題はないが、堰堤以遠は林道はない。

人の踏み後道しかないが、竿は振れる。しかし、夏期は雑草が邪魔して要注意である。

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

 

の位置は下図

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

33・4・斉内川源流の地図
33・5・小滝川の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

36・山谷川の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

 

 

の下流下図

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 38・西ノ又沢 39・大石沢の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 40・潟尻川と田沢湖  40・潟尻川

入渓情報

下図は、田沢湖を中心とした地図である。中央の地図ロゴのclickで国土地理院の地図が表示されるが、この田沢湖に流入している川は皆無である。しかし、この地図では判別できないが、玉川本流の田沢湖に流入されているのである。「1940年に発電所の建設と農業振興(玉川河水統制計画)のために、別の水系である玉川温泉からpH1.1に達する強酸性の水(玉川毒水・玉川悪水と呼ばれる)を導入した結果、田沢湖はA急速に酸性化し固有種であったクニマスは絶滅(Internetサイト・ウィキペディアより引用」・現在は玉川本流の源流地点で石灰石を使った酸性水の中和対策を実施していて、放流されたウグイの魚影が、観光船の桟橋から見ることができる。

田沢湖は、私にとっては一番印象に残る湖でもある。

毎年キャンプを1ケ月、散策、自転車、ボート、釣り、温泉、田沢湖の夏祭りと、夏を満喫させていただいた。





   (LINK元に戻る)
40・潟尻川の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

 

   (LINK元に戻る)

の下流は下図

 

の上流は上図

41・仁瀬沢

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る

41・二瀬沢の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

  44・相内沢の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)


(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)














の下流は下図
(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)
45・相沢の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

46・小波内沢の地図

入渓情報

左図のこの林道は,左図の上流は「桧木内川支流(堀内沢」→左図(小波内沢源流・釜石沢)→そして岩見山内源流「」大又川と続く。

林道の地図へlink

要は、桧木内川→堀内沢→小波打沢→岩見山内大又川と続いているのである。

(このPAGEのTOP)

(このPAGEのTOP)

(LINK元に戻る)

 

の下流はここ

大又川(岩見山内AREA)

(このPAGEのTOP)

Dの流域の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

 

の上流はここ

 

(このPAGEのTOP)

(このPAGEのTOP)

 

の上流はここ

 

 

(このPAGEのTOP)

地図参照は上に

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

大又川⇔小波内川⇔大又川の林道地図  (RINK元へ戻る)

入渓情報

左図@−A林道の曲線は、筆者が任意での林道の追記である。この林道は過去数十年前二度ほど乗用車で利用したことがあるが、悪路であった。

現在道の状況は不明であるが、砂利道の山越えの林道は、夜間の走行は危険で慎むべきである。

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

47・堀内沢の地図

入渓情報

の下流下図

 

(このPAGEのTOP)

左図のこの林道は、上図堀内沢の源流から続いているが、下図「小波内沢」からの道はない。

 

(このPAGEのTOP)

(このPAGEのTOP)

48・浦子内沢の地図

入渓情報

 

(このPAGEのTOP)

堀内沢の地図

49・比内沢の地図

(このPAGEのTOP)

(このPAGEのTOP)

50・大沢の地図

(このPAGEのTOP)

(このPAGEのTOP)

51・桧木内又沢の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

 

 

 

 

 

 

 

の上流は下図

(このPAGEのTOP)

52・桧木内川源流の地図

入渓情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

の上流は下図

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)