天然岩魚と山女魚が釣れるHome Page


新潟県,大川,間ノ内川,碁石川,勝木川,蒲萄川,脇川,今川,板貝,笹川の岩魚とヤマメ

 

 

新潟県TOP   HOME

 

 

Page Rink

7-1GROUP 7-2GROUP 7-3GROUP 7-4GROUP 7-5GROUP 7-6GROUP  7-0-NIGATA-TOP

 7-1GROUPの渓流群  (LINKしたPAGEに戻る) 

地図掲載位置へLINK

1-0大川   2-0間ノ内川   3-0碁石川   4-0勝木川

 5-0蒲萄川  6-0脇川 7-0今川 8-0板貝 9-0笹川

進入

 この色の文字は 、国土地理院1/25.000地図の日本海側河口にLINK

渓流名 1-0大川 2-0間ノ内川 3-0碁石川 4-0勝木川 5-0蒲萄川 6-0脇川 7-0今川 8-0板貝 9-0笹川
河口口の地名 府屋 府屋 碁石 勝木 寒川 脇川 今川 板貝 笹川
進入路地名 府屋 府屋 碁石 勝木 寒川 脇川 今川 板貝 笹川
国道
国道−1 7号線 7号線 7号線 345号線 345号線 345号線 345号線 345号線 345号線
県道 県道−1 52号線 6号線
経路 経路1-1 52号線 林道 林道 林道 林道 林道 林道 林道 林道
渓流名・支流の名称

この下段の渓流名は上段の支流。黒文字の渓流はLINK無し

1-1大谷川 2-0間ノ内川 3-0碁石川 4-0勝木川 5-1水無川 9-0脇川 7-0今川 8-0板貝 9-0笹川
1-2小俣川

5-2明神沢


1-3中継川
1-4荒川
1-5芦の平沢
1-6山熊田川
1-7金剛川

全体の位置図−1

入渓情報

1-0大川 2-0間ノ内川 ・3-0碁石川 4-0勝木川 

(LINKした位置に戻る)

新潟県最北部山形県よりの渓流からの紹介である。左図の全体位置図は地図ロゴをclick

してご確認願いたい。

1/25.000のロゴは河口口の地図にリンクする。

1-0大川

 1-1大谷川

 AB流域

 BC流域

 D1-8雷川・向川

 1-2小保川

 1-3中継川全体図

1-4荒川

 A−E流域

 E−F流域

 F−以遠荒川源流

1-5芦の平沢

1-6山熊田川

1-7金剛川

2-0間ノ内川

3-0碁石川

4-0勝木川

 

全体の位置図−2

入渓情報

5-0蒲菊川  6-0脇川  7-0今川  8-0板貝川  9-0笹川

5-0蒲菊川

6-0脇川

7-0今川

8-0板貝川

9-0笹川

 

 

 

 

(元に位置に戻る)

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

1-0大川進入路 

入渓情報

進入路は、国道7号線より県道52号線を使って上流域へと進む。

 

1-1大谷川

 

 

 

(元に位置に戻る)

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

1-1大谷川

入渓情報

河口口から至近距離約1.5qの位置で源流が海抜200m前後である。

水温が気になるところだが、下流には大谷沢集落が点在するにもかかわらず、この沢には堰堤が一カ所も無い。

本流出合いからの流域は、わずか2.3qであるが、集落の上流に堰堤が無いと言うことは、降雨の際にも安定した水量が流れていることを物語っている。

源流の山々をご覧頂きたい、

地図上では広葉樹林の記号が全山を覆っている。針葉樹林の記号は皆無である。

渓流の状態を推理するのは、このように地図を読破することが肝要。

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

1-2小保川 A−Bの流域の表示

入渓情報

左図はABの流域を1/50.000で表示してある。

Bから以遠は下図に続く。

 

 

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

B−Cの流域

このB−Cの区間も、下流域に小保集落があるにもかかわらず堰堤が無い。山々全体が広葉樹林で覆われ少々の降雨にも安定した流れであると予想される。この地点の流域は、稲田の中を流れ、典型的な里川である。多少崖の岩が見られるが、理想的な里川と想定する。

Cの以遠は下図。

(このPAGEのTOP)  (元に位置に戻る)

1-2小保川  C−Dの流域

小保川の中流域である。大代−雷 相変わらす堰堤も無い。雷Dの以遠は下図。  (このPAGEのTOP)  (元に位置に戻る) (渓流名一覧表)

1-8雷川・向川

大川の 支流小保川の源流である。雷川は林道が登山道に変わって走っているが、沢を遠く離れているので集落の稲田から下降するしかない。向川の入渓には林道が沢を渡る地点からである。この川は下流域からの水温測定が必須。  (このPAGEのTOP)  (元に位置に戻る)

(このPAGEのTOP)

1-03中継川全体図

A−Eの流域  E−Fの流域荒川中流域 F以遠は荒川の源流  E−Gの流域 G以遠は中継川の中流域

(このPAGEのTOP)

A−Eの流域

入渓情報

中継川下流域である。

拡大地図は地図ロゴをclickしてご覧頂きたい。

この流域でも堰堤はない。

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)  (元に位置に戻る)

 

 

 

 

 

 

 

Eの位置の荒川上流域は下図

 

 

 

 

E−Fの流域 上図Eの位置からの上流域

入渓情報

荒川の中流域である。拡大図は地図ロゴをクリックで参照。

この山々も広葉樹林で覆われ堰堤は無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

(渓流名一覧表)

 

 

 

(

 

 

F以遠は下図。

 

1-4荒川源流

入渓情報

大川→中継川の支流→荒川の源流である。

この源流から下流域の河口まで堰堤は一カ所も無い。

下流域は集落が数カ所点在するが、私の経験では、沢の側に集落がある沢はその上流には堰堤のある沢が多い。

高度が比較的低いと言うものの、堰堤が無いと言うことは珍しい。

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 (元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

E−Gの流域・中継川の中流域  J以遠の源流

入渓情報

E−Gは中継川の中流域である。

拡大図は地図ロゴをクリックで参照。

左図下方のJから上流域は

1-5芦の平沢

1-6山熊田川

1-7金剛川

の源流へと進む。

下図

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 (元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-6山熊田川  1-7金剛川  J以遠の源流

入渓情報

中継川の源流である。

拡大図は地図ロゴをクリックで参照。

唯一の堰堤が山熊田川の文字記載の位置にある。

この辺りの流域はまだ稲田の中にある。

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 (元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

2-0間ノ内川  3-0碁石川

入渓情報

7−2間ノ川1.8q

7−3碁石川2.1q

馬鹿にして竿を出さない釣り人も多いと思われる。

しかし渓流魚が生息していれば100%天然ものである。

水温がカギ。

 

(このPAGEのTOP)

 (元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

4-0勝木川

入渓情報

@−A拡大図は地図ロゴをクリックで参照。

A−Bの流域

A−Cの流域

C−Dの源流

C−Eの流域

E−Fの源流

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 (元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

A−Bの流域  A−Cの流域

入渓情報

A−Cの本流域は稲田の中を流れる。

 

A−Bの大毎川下流域集落間は両岸河川工事が施工されている。

おそらく釣りにはならないだろう?

 

と言う見方は捨てるべきだ。

 

思わぬ流域に思わぬ獲物が生息しているかも知れない。

断定と思い込みは捨てるべし。

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

A−Cの流域  C−Eの流域  E−Fの源流

入渓情報

 

左図は1/50.000の地図になっている。

拡大図は地図ロゴをクリックで参照。

拡大地図を眺めたらコメントの必要も無い。

山女魚か岩魚かわ竿を出してみないと分からない。

まずは水温測定を。

堰堤も皆無である。

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

 

 

 

 

 

5-0蒲菊川全体図

入渓情報

5-1水無川

A-B-Cの流域

C−以遠の流域

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

5-1水無川

入渓情報

川の名称も「名は体を表す」と言うように、水無川と言う名称は、水が枯渇している可能性もあるが、地図での川の記載基準は、通年水量があり川幅1m以上。

@の合流地点よりの源流までの距離は約3.0qと短い。夏季の時期に渇水すれば、当然魚の生息はない。

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

A−Cの流域

入渓情報

Aの出合いから本流と支流明神川に分離している。

明神川は車両走行可の林道が走り、本流は県道6号線が側を走る。

堰堤はない。

 

 

水温が気になるがハヤの可能性もある。

 

 

明神川Cの地点で

国道7号線に出会う。

 

 

 

 

 

左図Cの地点は下図Cの地点である。

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

C−以遠の流域

入渓情報

蒲菊川本流沿いに走る県道6号線と国道7号線が合流して

蒲菊集落へと向かうが、この集落が蒲菊川の源流ともなっている。

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

 

6-0脇川

入渓情報

源流まで約5q。

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

7-0今川

入渓情報

源流まで約5q。

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

8-0板貝川

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

(渓流名一覧表)

 

9-0笹川 (このPAGEのTOP)

上段の地図は1/50.000、下段の矢印が走っている地図は1/25.000の地図、この地図を見ると、下流域は林道から下降するのは林道が離れているから笹川の集落から入るのが無難、上流域には林道を車で本流に橋が架かる位置から。堰堤は無い。

1-0大川 2-0間ノ内川 ・3-0碁石川 4-0勝木川  

5-0蒲菊川  6-0脇川  7-0今川  8-0板貝川  9-0笹川  (このPAGEのTOP)   (渓流名一覧表)