天然岩魚と山女魚が釣れるHome Page
新潟県・三面川の岩魚とヤマメ

 

新潟県TOP HOME
新潟県糸魚川市のHome Page

 

Page Rink

7-1GROUP 7-2GROUP 7-3GROUP 7-4GROUP 7-5GROUP 7-6GROUP  7-0-NIGATA-TOP

72-1GROUP 三面川の渓流・岩魚とヤマメ   (LINKしたPAGEに戻る)

このPAGEの地図に記載してあるロゴの説明

のロゴは地図全体の位置を示します。

この数字の入ったロゴは、左欄のロゴと同じ国土地理院の地図にリンクしますが、リンクして表示する地図は、ほぼこのロゴを記載地点が表示されます。

このロゴは紹介する地図、国土地理院1/25.000の中心が表示されます。
三 面 川 の 渓 流 群

下表の渓流名称のRLINKは、72-1 72-2 72-3 GROUP内のLINKになっています。

72-1GROUP 16-1門前川 16-2山田川 16-3長津川 16-4小揚川 16-5茎太川 16-14滝矢川    
72-2GROUP 16-6三面ダム 16-7大沢 16-8岩井沢 16-9末沢川 16-10岩井又沢 16-11三面川 16-12泥又川 16-13猿田川
72-3GROUP 16-15薦川 16-16赤田川 16-17根川 16-18宇護蔵川 16-19塩野町川 16-20大須戸川    

上表と下図渓流の位置を確認して上表の文字をclickすると、該当する渓流の地図に飛びます。(すべてPAGE内リンク)

この三面川の入渓路は、北陸道・上越道から日本海北陸道で胎内ICを下車、又は山形県米沢市を経て113号線荒川沿いに国道7号線の交差点を右折して7号線を北上するとまもなく7号線が三面川を渡る。

16-1門前川入渓路  16-2山田川入渓路  

入渓情報

国道7号線よりの方向へと進む。

 

16-1門前川

16-2山田川

 

 

 

(このPAGEのTOP)

16-1門前川全体図

入渓情報

@〜Cをclickして位置確認が可能。

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

門前川@−Aの流域

入渓情報

この全流域は道幅の広い林道が走る。

Aの位置の名称不詳の沢も対象。

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

 

 

 

門前川A-B-Cの流域

入渓情報

(このPAGEのTOP)

 

綱木川と赤沢川

入渓情報

赤沢川に堰堤ダムが一カ所。

網木川と赤沢川出合いに堰堤。

ロゴは下図のの位置へ続く。

 

 

 

(このPAGEのTOP)

16-1門前川の源流

入渓情報

門前川源流である。

林道はない。

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

16-2山田川  16-3長津川  16-4小揚川  16-5茎太川

入渓情報

 

テキスト ボックス: 16-2山田川
16-3長津川

 16-3-1長津川
 16-3-2長津川
 16-3-3長津川
 16-3-4長津川
 16-3-5長津川
16-4小揚川
16-5茎太川

16-2山田川

入渓情報

161..4の数字、低い山の稜線の向こうが長津川である。

稜線に沿って境界線の点線が記されている。

低い山、上山田の集落25軒あまりが見え、集落の守り神であろう神社の鳥居が記されている。

子供たちが夕餉のおかずに竿を出して山女魚を釣り上げ、夕日を背家路へと帰る光景を想像する。典型的な里川である。

子供の頃を思いだす。藁葺き屋根、水車小屋、小川、手製の竹竿、穂先に10センチの木綿糸に結んだ釣り針、その釣り針にミミズ、釣る魚は

ドンコ」。

(このPAGEのTOP)

(元の位置に戻る)

16-3-1長津川

入渓情報

Bの地点までの林道はあるが、それ以遠の林道が地図には記載が無い。

地図右下方のCD以遠も途中までの林道の記載はない。

下図才ノ峠からの林道が長津川に降りてくる林道しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(元の位置へ戻る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

 

(元の位置へ戻る)

16-6-2長津川

 

(このPAGEのTOP) 

 

(元の位置へ戻る)

 

16-6-3長津川

入渓情報

林道は堰堤まてで切れている。堰堤以遠は山仕事の林道があると見た。

しかし現地に立って見なければ?

 

(このPAGEのTOP)

 

(元の位置へ戻る)

 

16-6-4長津川源流

入渓情報

(このPAGEのTOP)

 

(元の位置へ戻る)

 

 

16-6-5長津川林道の無い流域

Bの地点から右後方の地図が切れる地点までの流域は、地図上の計測であるが、約7.2qである。現地に立って見なければ分からないが、この海抜の低さで、林道が7q以上無いのも珍しい。魚の生息(岩魚と山女魚)の生むは不明であるが、林道が無いと言う条件では、是非竿を出して見たい誘惑にかられる沢でもある。 (元に位置に戻る)  (このPAGEのTOP)

16-3 長津川  16-4 小揚川  16-5茎太川  16-14滝矢川 

入渓情報

16-3 長津川入渓路
16-4 小揚川入渓路

16-5茎太川入渓路
16-14滝矢川入渓路

(このPAGEのTOP)

16-3 長津川入渓路

入渓情報

入渓路の地点は、すこし迂回するが三面川を渡る「岩沢橋」目印となり分かりやすいのでその付近の三叉路を紹介した。

上図国道7号線「古渡路」の交差点から「小川小」の地点Y地点を右方向に進めば近い。

 

16-3 長津川の地図

 

(元に位置に戻る)

16-4 小揚川・16-5茎太川・入渓路

入渓情報

この入渓路地図は

元の位置の全体図

を確認して眺めで頂きたい。

 

16-4小揚川は下図
16-5茎太川は下図

 

(元に位置に戻る)

16-4小揚川 16-5茎太川

入渓情報

小揚川・茎太川は左図でご覧のように、小山の稜線を挟んで流れている。

茎太川は、三面川本流出合いから源流までの流域は約4qと短い。

本流出合いから幅広の林道(おそらく舗装)の併走を見るが、集落も堰堤も無い。

一方小揚川も幅広の舗装塘路が併走していて、Fの地点から長津川へ、又下図Iの地点からも長津川への林道がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

 

16-4小揚川 16-5茎太川の源流

入渓情報

小揚川の源流である。

Cの才ノ神峠から長津川中流域までは約2q。

 

 

(このPAGEのTOP)

(元に位置に戻る)

16-14滝矢川全体図

滝矢川の進入路である。この地点から進入する。全体の位置をさらに把握するなら地図ロゴをclick

テキスト ボックス: A
16-4滝矢川

この滝矢川の地図は、表示するのが下から斜め上に渓流が走り、地図を分割して表示するのが、閲覧者が戸惑いを感じると言う判断で、1/50.000の縮尺で全体を表示した。下段大きな○は進入路、@とAclick地図を表示。下段の地図は@−A間の1/25.000。

上図@−A区間拡大表示。沢へ下降するには白滝を越えた辺りで下降す出来る人の踏み跡道をさがすしか方法はない。

(このPAGEのTOP)  (元に位置に戻る)

三 面 川 の 渓 流 群

下表の渓流名称のRLINKは、72-1 72-2 72-3 GROUP内のLINKになっています。

72-1GROUP 16-1門前川 16-2山田川 16-3長津川 16-4小揚川 16-5茎太川 16-14滝矢川

(このPAGEのTOP)

72-2GROUP 16-6三面ダム 16-7大沢 16-8岩井沢 16-9末沢川 16-10岩井又沢 16-11三面川 16-12泥又川 16-13猿田川
72-3GROUP 16-15薦川 16-16赤田川 16-17根川 16-18宇護蔵川 16-19塩野町川 16-20大須戸川