天然岩魚と山女魚が釣れるHome Page
千曲川の岩魚と山女魚

 

新潟県TOP HOME

Page Rink

7-1GROUP 7-2GROUP 7-3GROUP 7-4GROUP 7-5GROUP 7-6GROUP  7-0-NIGATA-TOP

7-3GROUP・信濃川・千曲川 (リンク元 7-3GROUP・ 信濃川本流域PAGEに戻る)

@奈良川 A灰野川源流 B米子川源流 C宇原川・鮎川・仙人川 D保科川

 

@奈良川の地図 

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINKした位置に戻る)

A灰野川源流の地図 

入渓情報

左図赤枠で囲んである範囲は下図の拡大図である。

等高線がくっきりと判明出来る。

を比較して見ていただきたい。等高線の間隔は10メートルである。距離に関係無くワンスパンが10メートル。

距離が10メートルで高さが10メートルの場合、傾斜角度は90度と言う垂直の壁になる。

その観点からの地点を見るとの地点と比較して緩やかな傾斜になっている。と言うことは、比較的に傾斜がなく緩やかな勾配になっていると言う事が判断出来る。

山の等高線は、お天気の気圧配置と同じである。

気圧の高い台風とか低気圧は線が密集して気圧は低いが、広い場合は高気圧を示している。

 

 

(このPAGEのTOP)

(LINKした位置に戻る)

 

B米子川源流の地図 

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINKした位置に戻る)

 

C宇原川・鮎川・仙人川の地図

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(LINKした位置に戻る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緋の滝

 D保科川の地図

入渓情報

 

(このPAGEのTOP)

(LINKした位置に戻る)

 

@奈良川 A灰野川源流 B米子川源流 C宇原川・鮎川・仙人川 D保科川

Page Rink   7-1GROUP 7-2GROUP 7-3GROUP 7-4GROUP 7-5GROUP 7-6GROUP  7-0-NIGATA-TOP

7-3GROUP・信濃川・千曲川 (リンク元 7-3GROUP・ 信濃川本流域PAGEに戻る)

 新潟県TOP HOME (このPAGEのTOP)  (LINKした位置に戻る)