天然岩魚と山女魚が釣れるHome Page


新潟県・胎内川・落堀川・加治川・新井郷川の

岩魚と山女魚

 

 

新潟県TOP   HOME

Page Rink

7-1GROUP 7-2GROUP 7-3GROUP 7-4GROUP 7-5GROUP 7-6GROUP  7-0-NIGATA-TOP

7-3GROUPの渓流群  (LINKしたPAGEに戻る)

別のPAGEにLINK

21-0阿賀野川  23-0信濃川

入渓情報

このPAGEに記載

18-0胎内川     19-0落堀川  20-0加治川  22-0新井 郷川  

この7-3GROUPには新潟県屈指の渓流

21-0阿賀野川

23-0信濃川

である。

この二渓流は 個別の単独PAGEの紹介となる。

 

したがってこのPAGEには

18-0胎内川

19-0落堀川

20-0加治川

22-0新井郷川

の紹介である。

進入

この色の文字(渓流名)は 、国土地理院1/25.000地図の日本海側河口にLINK

渓流名 このPAGE内に記載

     阿賀野川     ←別PAGEにLINK→     信濃川

18-0胎内川 19-0落堀川 20-0加治川 22-0新井郷川 21-0阿賀野川 23-0信濃川
河口口の地名 笹口浜 藤塚浜 聖籠町 福島潟 松浜 海辺町
進入路地名 黒川 星の宮町 新発田 女堂 新潟県中央JC 関越道
国道 国道−1 113号線 113号線 113号線 7号線 7号線 117号線
国道−2 7号線 7号線 7号線 49号線 17号線
国道−3 東北道郡山JC 18号線
県道 県道−1 53号線 14号線 長野県 77号線
経路 経路1-1 仁谷野 星の宮町 新発田 女堂 五泉市 関越道越後川口IC
経路1-2 胎内温泉 天ノ原 林道 西会津 長野道須坂長野東IC
経路1-3 胎内第二ダム 内ノ倉ダム 只見 更埴JCT
経路1-4 胎内第一ダム 長野道 
経路1-5 西会津 上信越道
経路1-6 - 猪苗代
経路1-7 - 郡山
渓流名・支流の名称

この下段の渓流名は上段の支流。18-0胎内川本流18-1が支流。支流名をclicで本流との出合いの地図表示

18-1鹿保川 19-1貝屋川 20-03熊出川

地図掲載 

渓流名詳細は阿賀野川のPAGE

渓流名詳細は信濃川のPAGE

18-2胎内ダム 20-04寺内川  
18-3頼母木沢 20-05小出川  
18-4胎内ダム 20-06石川川  
18-4樽ノ木沢 20-07水谷  
  20-08三光川  
20-09名称不詳  
20-10名称不詳  
20-11姫田川  
20-12名称不詳  
20-13名称不詳  
20-14坂山川  
20-15名称不詳  
20-16名称不詳  

7-3GROUP・総合案内地図

入渓情報

20-0加治川・内の倉ダム 加治川支流坂井川 鹿ノ保川  胎内川ダム  胎内第一ダム

地点の地図

鹿ノ保川

 

地点の地図

胎内川ダム

 

地点の地図

胎内第一ダム

 

:GROUP拡大図

  加治川支流

  坂井川

 

:GROUP拡大図

  20-0加治川

  内の倉ダム

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

鹿ノ保川

入渓情報

胎内川最大の支流である。

流域は本流出合いから源流まで地図上の計測で約13qと長い。

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

 

下流域に堰堤ダムが見られるが、林道は車両走行可であり川幅は広い。

 

 

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

 

 

 

上図堰堤までは林道があるが、地図ではその林道が「風倉山(931)」への登山道と変わっている。

地図上では沢沿いに林道の記載は無いが、私の経験では登山道から分岐して人の踏み跡道の狭い林道があるはずである。

その林道を探して下降するのがよい。

万が一林道が無くともこの沢の地図上では、下降は難しくない。

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

19-0落堀川

この地図は縮尺1/50.000で表示してある。落堀川の流域は日本海河口から短い。中央の地図ロゴをclickして詳細を確認願いたい。

(このPAGEのTOP)  (渓流名一覧表)  (7-3GROUP案内)

22-0新井郷川  

入渓情報

22-0新井郷川は、左図でご覧のように広大な地域に展開する福島潟(秋田県八郎潟に類似)に水を供給している源流である。

福島潟は中央のロゴをclick

 

 

新井郷川の渓流魚が生息するであろう源流は、新井郷川周辺の文字の下の地図ロゴをclickして地図を参照願いたい。

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

胎内川ダム

入渓情報

 

胎内川ダムである。

ダム上流へは、左図でご覧のように、ダムサイトに立派な林道がある。

その林道を車で飛ばして上流へと向かう。

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

胎内第一ダム

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

下図「楢ノ木沢」

「作四郎沢」の入渓は下図を参照。下図を見る限り下降は可能である。

詳しくはBclickして確認願いたい。

頼母木川下流域

胎内川の源流である。その源流は

・樽ノ木川

・作四郎沢

・薬研沢

の三本の沢に分離されて構成されている。

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

頼母木川下流域

入渓情報

頼母木川中流域は下図。

 

下図とWっている流域がありますがお許しを。

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

頼母木川

入渓情報

 

足ノ松沢と頼母木川の源流は下図

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

 

 

足ノ松沢と頼母木川

入渓情報

一般の釣り人には入渓出来ない深山幽谷の流域である。

この地図を眺めて、奥深き渓流に生息する尺岩魚を想像して、水割りを傾けて尺岩魚に夢をはせるのも地図の楽しみ方の一つである。

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

(渓流名一覧表)

(7-3GROUP案内)

 

 

 

 

 

A:GROUP拡大図

@AREA  AのAREAB熊出川  C寺内川  D小出川E石川川F水谷  G三光川HI名称不詳川  JK姫田川

L名称不詳川M坂山川  NO名称不詳川 (このPAGEのTOP)  (渓流名一覧表)  (7-3GROUP案内)

各沢への入渓路は、全体図の位置を確認してロゴをclickして国土地理院の地図を表示して確認

@-AREA

入渓情報

加治川の支流坂井川の源流である。

源流とは言うものの本流から無数に流域の短い沢が流れすべて稲田の中を流れ小さな里川となっている。

このような状況の沢群を、遠方よりこの沢を目的に来る釣り人は皆無であろう。

水温が高く、渓流魚の生息は無理かも知れないが、無理と断定せず、「天然岩魚と山女魚」を求めるなら、無駄と分かっていても、無駄でおることの確認が必要である。

その精神が無ければ、天然魚を求めらなら、深山幽谷の流域に出かけるしかない。

 

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP)

AB-AREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP) 

C−AREA

入渓情報

赤点線は堰堤の連続。林道が最上流の堰堤まで延びているのでその上から下降出来る。

詳細はCclickして参照。

 

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP) 

DEF−AREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP) 

GHI−AREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP)

 

JK−AREA

入渓情報

林道は沢沿いに走っているものの堰堤はない

 

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP) 

LM−AREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP) 

NO−AREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

(A:GROUP・TOP) 

B:GROUP拡大図
@AREA  AAREA  BAREA  CAREA  DAREA  EAREA  FAREA  GAREA  HAREA

@AREA

入渓情報

加治川の本流から内の倉川が分離する地点の渓流群である。

無数の小渓流で里川の様相をていしている。

流域が短く稲田の中を流れる里川は、一般の釣り人に取って対象外の沢となる場合が多い。

この毛細血管のような枝沢群は、山内・

中々山・上赤谷の集落の中を車で走っている場合は分からない。

 

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

AAREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

BAREA 

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

B位置にある名称不詳の沢、入渓にはこの地図情報が役に立つ。

地図の計測であるが、点線の林道の距離は約0.8q。

 

 

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

CAREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

この先は下図内の倉川の源流である。

天然岩魚が生息する深山幽谷の世界でもある。

 

 

 

七滝手前までは一般の釣り人でも入渓は可能だ。

ただ点線の林道を下降して、本流を渡らなくてはならない。

急流を避けて、渇水期の入渓なれば問題は無いと思われる。

 

 

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

 DAREA

入渓情報

参考

 

内の倉川釣り紀行

 

内の倉川釣り紀行

 

 

 

 

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

EAREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

FAREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

GAREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 

HAREA

入渓情報

(このPAGEのTOP)

:GROUPにBUCK)(:GROUPにBUCK)

 
Page Rink

7-1GROUP 7-2GROUP 7-3GROUP 7-4GROUP 7-5GROUP 7-6GROUP  7-0-NIGATA-TOP

(このPAGEのTOP)  :GROUPにBUCK  :GROUPにBUCK)   (渓流名一覧表)  (7-3GROUP案内)  

@AREA  AのAREAB熊出川  C寺内川  D小出川E石川川F水谷  G三光川HI名称不詳川  JK姫田川

L名称不詳川M坂山川  NO名称不詳川  

@AREA  AAREA  BAREA  CAREA  DAREA  EAREA  FAREA  GAREA  HAREA